髪の毛用の育毛剤でまつ毛は伸びる?

髪の毛が伸びる用に使用する育毛剤はまつ毛に使用しても伸びるのでしょうか。ご紹介していきます。

 

育毛剤,まつ毛,伸びる

 

 

 

男性用育毛剤でもまつげは伸びる!

 

男性が使っている育毛剤などをまつ毛に塗ってみたところ、まつ毛が伸びたという意見を見かけました。育毛剤はスース―しているものも多いので、目の周りに使用するのは危険なのですが、1~2か月塗り続けた結果、まつ毛がふさふさしてきたということです。

 

しかし、目の周りが黒くなったり、クマのようなものが出現したりと顔の印象も変わったということで、原因を探ってみると、目の周りの産毛も濃くなってしまい、目の周りをカミソリで剃るという危ないことをする必要が出てきたそうです。試しに髪に使う育毛剤を使った方の多くは目に染みて使い続けられなかったという方も多いです。まつ毛に塗るのであれば、成分を抑えたまつ毛専用の美容液や育毛剤を使用した方が目には優しいでしょう。

 

 

皮膚の血行を促進する

育毛剤,まつ毛,伸びる

 

髪の毛に使う育毛剤も、頭皮の血行を促進し、髪に栄養分をいきわたらせることで、髪の毛の育成を促すものですので、同じような皮膚から育成するまつ毛も同様に生えてくるというのは納得できます。ただ、髪の毛用の育毛剤には清涼剤が入っていますので、すっきりするように作られていることから、その成分が目に入ると大変ですので注意は必要になります。目の周りの血行を促進するには、目の周りのマッサージなどをしっかり行うといいでしょう。

 

 

まつげ育毛剤とまつ毛美容液の違いとは?

 

まつ毛育毛剤は発毛促進作用を目的としており、まつ毛美容液はまつ毛のケアや抜け毛の防止を目的としています。頭髪の育毛剤も同じような効果があるものも多いですが、基本的には目の周りに使う用途では作られていませんので、目のことを考えるのであれば、使用は控えた方がいいかもしれません。実際に使ってみると眉毛やまつ毛が伸びる様子ですが、周りの産毛も濃くなってくることや、塗るときに目が痛いということがあります。

 

まつげ美容液には、発毛促進作用と抜け毛防止の両方の効果を持ったまつ毛育毛剤やまつ毛美容液が販売されています。医薬品のまつ毛育毛剤もあり、米国アラガン社が開発した「ラティース」は、元々は緑内障点眼薬をとして使用していた医薬成分を利用した医療用のまつ毛育毛剤です。日本では「リバイタラッシュ」という製品があります。

 

 

まつ毛育毛剤に含まれる成分

 

まつ毛育毛剤に含まれる成分には以下のようなものがあります。天然ビタミンE、プラセンタエキス、センブリエキス、アルギニン、海藻エキス、コラーゲン。ヒアルロン酸、アロエベラ、酢酸トコフェロール、ポリクオタニウム-51、ビマトプロストなどです。聞いたことのない成分もありますが、美容成分としておなじみの成分も多く含まれています。育毛剤を使用すること以外にもまつ毛をしっかりと保湿ケアしてあげることでもまつ毛の伸びるスピードは変わってきます。まつ毛美容液などでまつ毛をケアしながら、栄養をしっかりと取って、目の周りのマッサージを行うといいでしょう。

 

 

まとめ

 

育毛剤,まつ毛,伸びる

髪の毛の育毛剤をまつ毛に塗ったらまつ毛が伸びるのかについてご紹介していきました。育毛効果のある成分を塗ることでまつ毛や眉毛が伸びることはあります。しかし、目の周りに使用するものなので、あまりに刺激が強いのは目には悪影響です。できれば、刺激の少ないまつ毛専用の育毛剤や美容液を使うといいでしょう。頭髪用の育毛剤は目に使用しないように注意書きがありますので、それをしっかりと守った方がトラブルはないと思われます。目のことを考えるのであれば、頭髪用の育毛剤を目に使うのは止めましょう。

 

トップページ